危機管理

危機的状況を想定した訓練

不審者を見つけた場合、起こりうる危険にどのような対処をすればいいのか。多様なケースを想定しシミュレーションすることで、冷静で的確な判断と迅速な対応ができるように訓練を定期的に実施しています。また、危険度の軽いものから重いものまでの対策を検討し、共有することで、職員一人ひとりの安全意識の向上を図り、不測の事態に備えています。  

万一に備え、防犯対策グッズを常備しています

当園では、もしものときに対応できるよう、以下の防犯対策グッズを備えています。徹底しないと意味が無いからこそ、対策は厳重に行います。
●防犯カメラ ●防犯ベル ●防犯ネット
 

災害時の対応・AEDの導入

災害は避けることができないからこそ、起きてしまったときの適切な対応が重要です。避難訓練や消火訓練の実施、災害時における職員の役割分担などの事前準備を行い、万が一の事態にも冷静で的確な判断ができるような体制を整えています。また、事故防止マニュアルを策定し、二次災害につながらないよう職員間で知識の共有を図っています。  

Copyright(C)2014 Shonai Hoikuen. All right reserved.