教育方針・保育の特色

園訓


大切にしていること

自然の恵みいっぱいの森で 豊かな心の根を育む

教育方針

仏教の教えをもとに、子どもたちの未来を思い描き、一人ひとりの心に寄り添いながら学ぶ(まねぶ)力を育む

「自律」 正しいひとに

自分を正しくみつめ、正しい行いができるひとに

「和平」 思いやるひとに

命あるものすべての尊さを知り、あらゆるものと思いやりの心をもって接する

「感恩」 ありがとう、おかげさまでがいえるひとに

自分だけで生きているのではなく、色々なもののおかげで生かされていることを喜び、「ありがとう」「おかげさまで」の心を育てる

保育の特色

異年齢の子どもたちが
関わり合いを通して人間関係を学ぶ

オープン教育

半世紀をこえる本学園の幼児教育の歩みの中で、着実に成果をつみあげてきたオープン教育。異年齢クラスと同年齢クラスそれぞれの幼稚園生活の中で、子ども同士がモデルとなり、関わり合いを通し互いに学びあう保育環境を目指しています。そこでは子ども達が数々の出会いやふれあいを通じ共に生活しながら人間関係を広げていくことが出来るような園生活をコーディネートしていきます。教師は個々の子どもの自発性や能力を尊重しながら、一人ひとりをきめ細かに見守るチーム保育を実践します。

特色あるカリキュラム

構造・デザイン・メカニズムのしくみを 遊びながら学ぶ

大切なのは暗記力より問題解決力

2001年、本学園では子どもの科学的思考力や豊かなデザイン力を育てる教育用レゴブロックによるカリキュラムを導入。デンマーク、レゴ社がマサチューセッツ工科大学(MIT)のパパート教授と共同開発した新しい教育プログラムでは「大切なのは 暗記力より問題解決力」をテーマに子どもが自ら創造的に問題を解決していくための能力を伸ばしていきます。
▶詳細は【スコーレアソカHP】を参照!

言語表現をより豊かに

ピアジェ教材・絵本

ピアジェ教材「ファーストシリーズ」を使った活動や豊富な絵本の環境を通して、たくさんのお話の世界に出会い子どもは豊かな言語表現や思考力を育みます。

ネイティブ講師とふれる日常

サイバードリームで英語に親しむ

小学校課程に英語が導入された昨今、始めから英語嫌いの子をつくらないためにも幼年期に経験する英会話は子どもにとっていつも楽しいものでなくてはなりません。園生活の日常の中に活きた英語体験の環境を可能にするのがハイパー教材サイバードリームです。保育カリキュラムに沿った10分程の英語遊びによってネイティブ・イングリッシュの音の響きやリズムに親しみ豊かな表現力が着実に身についていきます。