施設のご紹介

園舎

園では、常に安全と清潔を心掛け、子どもたちはもちろん、保護者の皆さまも安心してお子さまを預けていただけます。
0・1歳児の保育室は、子どもたち一人ひとりの発達に合わせて、ゆったりと関われるよう、環境を整えています。ミルクは保育士が調乳室で作ります。また、排泄も気持ちよくできるように導線を整えています。
2〜5歳児は、明るく広い部屋で、友だちと様々な活動を行っています。
遊戯室では、毎月の誕生会や様々な行事を楽しんでいます。
●0歳児保育室
●1歳児保育室


●2歳児保育室
●0〜2歳児用トイレ


●4歳児保育室
●4〜5歳児用トイレ


●屋上
●多目的ホール


●給食室
●沐浴室


●来客用トイレ
●玄関


保育環境について

人は周囲の環境によって多くの影響を受け、行動や反応をコントロールされています。当然保育においても、様々な環境が子どもたちに影響を及ぼしています。人的環境はもちろん、周囲に配置されたおもちゃや遊びのコーナーなどの物的環境、園庭などの自然環境、保育園を取り巻く地域環境など、実に多様な環境の影響を受けています。これらの環境に関わることで、子どもたちの興味や関心を育て、豊かな心情や思考力を培えるように環境を設定していきます。
身近にある自然から生きる力を育む
子どもたち自らが自然に興味や関心を持ち、豊かな感性を磨くとともに、自然が「常に変化する生きた現象」であることを理解できるようになることが大切だと思っています。
子どもたちが、自然に触れ、自然に対する驚きの気持ちや美しさに感動する気持ちなどを感じられるような実体験を重ねることで、季節感溢れる遊びや生活習慣、行事などを通して、子どもたちの好奇心や探求心、思考力を育んでいきます。

「数」や「形」の面白さに気付けるように
子どもたち自らが自然に興味や関心を持ち、豊かな感性を磨くとともに、自然が「常に変化する生きた現象」であることを理解できるようになることが大切だと思っています。
子どもたちが、自然に触れ、自然に対する驚きの気持ちや美しさに感動する気持ちなどを感じられるような実体験を重ねることで、季節感溢れる遊びや生活習慣、行事などを通して、子どもたちの好奇心や探求心、思考力を育んでいきます。

興味や関心を持たせる
今の社会は、自分に直接関わりのないことへの興味や関心が薄くなっています。
そのため、まわりにいる私たち大人が、子どもたちの活動意欲を刺激し、活動したくなるような環境をつくっていくことが大切だと考えています。
おもちゃや道具などの種類・数を十分に揃え、配置に配慮しながら、環境づくりに工夫しています。新聞の写真を切り抜いたり、自然の変化に気付かせるなど、日々の保育に驚きや感動を味わえるようにすることも欠かせないと考えています。