保育園と幼稚園の違い★
 保育園は、国の管轄機関が厚生労働省、そして幼稚園は、文部科学省なのです。
要するに、保育園は子育ての手助けをしてくれる所で、幼稚園は、子どもの教育を行う所なのです。
保育園について★
・保育園とは…・

 保育園は、子育てを手助けしてくれる所。共働きの家庭や、病気のため子どもの世話が出来ない親にとって、とても頼りになる存在なのです。
 
いろいろな保育園を調べてみると分かるけれど、特別保育がとても充実しています。
 朝早くから仕事にいかなければならない親や仕事の終わりが遅い親、そして夜に働いている親の為の時間外保育・延長保育・夜間保育などがあります。その他に、0才児からでも預けることができる乳児保育などがあります。
・保育料・

 子どもの年齢と各家族の所得によって、保育料は違います。
同時入園の場合、2人目からは半額、3人目からは1/10など、各家庭の経済状況に見合った保育料になっています。
 具体的な料金は市町村によって異なります。
★幼稚園について★
・幼稚園とは…・

 幼稚園は、子どもの教育を行うところ。幼児教育を受けさせたいと思っている親にとって、とても頼りになる存在なのです。
 自我が芽生え、好奇心も旺盛になってくる頃から、自分で触れて感じ取る力を養ったり、道徳性の芽生えを養ったり、集団生活の中でいろいろな感覚を身につけていきます。
 幼稚園とは、小学校に入る前に基礎能力を身につける、幼児学校なのです。
・保育料・

 幼稚園ごとに異なります。
月額8,000円〜25,000円がだいたいの目安です。そして、私立の場合入園料として9,000円〜40,000円がかかります。その他に教材費や給食費なども別途必要となってきます。